IIJmioの口コミその1

今までauを使っていましたが、2016年9月に丁度二年縛りが終わるので、これを機会に格安SIMのIIJmioに変更しました。

 

契約したのは「IIJmio」という格安SIM会社のSIMカードで「ライトスタートプラン」を選択しました。

 

自分ではそれほど使っている意識はなかったのですが、au時代のiPhoneの料金は毎月七千円前後を支払っていました。
それに比べIIJmioの格安SIMはなんと千円とかから契約できるとわかったので、思い切って変更することにしました。

 

ライトスタートプランはパケット量が月に6Gもあり、しかもあまった容量は翌月の繰り越せることができるというお得なプランです。

 

しかも私はキャンペーンの時に契約したので+2Gおまけでプラスされているので、なんと合計8Gも使用できます。
このプランにしてから毎月かかる料金は基本三千円前後になりました。

 

docomoの回線なので通信速度が遅いと感じた事はありません。実家は田舎で通信できなくなるかなーと思っていましたが、全然問題ありませんでした。

 

格安SIMのIIJmioを実際使ってみて不便だと感じた事はありません。
無料電話のアプリを使えば電話料金もほぼ掛かりませんし、家に居るときはWIFIを使えばパケットも全く減りません。
なので毎月余ってしまうので、今のプランから一つ安いプランに変更しても良いかなーと思ってます。
しいて悪い所を上げるとポイントが溜まらないぐらいでしょうか。

 

なんでみんなは格安SIMにしないのかが私にはわかりません。年間で約6万ほど私は安くなる予定です。

 

IIJmioの口コミその2

 

海外で長期生活しており、新しく日本の携帯を持つ必要がありました。
ちょうどインターネットで格安SIMが話題になっており、2016年10月にネットで評判のよいIIJmioのタイプD 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の契約をしました。

 

乗り換える前は、海外にてNOKIAのSIMフリーのスマホに現地のSIMカードを挿入し、プリペイドで支払いを行っていました。
その前は、2012年ごろauのプランSSシンプルにダブル定額スーパーライトをつけ、月々8000円程度支払っていました。

 

格安SIMのIIJmioに乗り換えてからは、1600円~(税抜)(月額料金:900円+音声通話機能付帯料:700円)のコースで電話代がプラスされ3000円程度支払っています。

 

実際の使用としては、wifi環境にあるので、格安SIMキャリアでのデータ通信はほとんど行っていません。
主に外出時にデータ通信を行っていますが、通信速度については特に問題ありません。

 

通話についても音質もよく、月々のコストが下がったことを考えると概ね満足できます。

 

格安SIMを使用してみてから感じたことだが、自分の周りの人でも格安SIMの存在を認知している人は多いようですが、
実際に変更するのは面倒だという人や、キャリアのメールアドレスを大切にしている人が多く、格安SIMに変更するという行動をとる人が少ないように思えます。

 

「お得」というだけでなく、他にもう一つきっかけがあると、格安SIMの利用も広がっていくのではないかと個人的には思います。
こちらもおすすめ:格安SIMのランキング比較サイト|格安SIM各社の口コミも紹介